若い30代の女性に若年性脱毛症が増えている

近年女性の薄毛特に30代と比較的若い世代の若年性脱毛症が増えています。薄毛は更年期以降だと思っていませんか?実は若い人の間でも薄毛の数は年々増加しており、あるクリニックによる統計だと相談件数が数倍にも膨れ上がっているようです。
そんな若い女性の薄毛「若年性脱毛症」の原因について解説していきます。

若年性脱毛症のメカニズム

一般的に抜け毛は頭皮や毛母細胞の老化や女性ホルモンの低下によって発症しますが若年性脱毛症はこれらが主な原因とはなりません。間違った頭皮ケアや無理なダイエット、ストレスによるエストロゲンの低下など様々な要因が重なり合って発症します。
若年性脱毛症を発症するとヘアサイクルが乱れてしまい髪の毛が痩せ抜けやすい状態になります。これこそが若い女性の薄毛の原因です。

若年性脱毛症の原因と対処法

30代と若い女性の間で薄毛を発症する主な原因は3つあります。過剰なダイエット、ストレスや産後の女性ホルモンの低下、間違った頭皮ケア。
それらの原因をもう少し紐解きながら説明していきます。

1 過剰なダイエット

過剰気味の無理なダイエットは女性ホルモンのバランスを崩すばかりか頭皮への栄養不足の原因となってしまいます。特に女性ホルモンのエストロゲンは女性の髪と密接に関係があるため確実に薄毛の原因となります。また栄養不足を起こすことで髪の毛が十分な栄養を吸収することができず細く痩せてしまいます。

改善策

運動をベースとして絶食はやめてください。髪の毛や体によいダイエットは基本1日三食しっかり食事を摂ることが好ましいです。絶食は余計に太る体質やリバンドしやすい状態にするのであまりお勧めできません。

2 ストレスや産後

女性も30歳になると出産を経験する方も多いと思います。産後は女性ホルモンが急激に減少するため薄毛を発症しやすくなります。

次にストレスですが、長年ため込んできたストレスが一気に爆発してしまうのも30代です。ですからお仕事や私生活でストレスを慢性的に感じているのであれば、上手くそれを発散しなくてはいけません。

ストレスは自律神経を乱し女性ホルモンの分泌や血行の妨げとなってしまうので、髪の毛にとってはとても害なことです。

改善策

産後は早急な産後用の育毛剤を使用したり、頭皮ケア、ストレス発散、睡眠などを十分にとることで解消できます。

またストレスは運動が一番健康的な発散方法です。そのほかにも友達と買い物をしたり、おしゃべりをしたりするのも効果的です。でもオススメは運動です。新陳代謝が向上するため髪の毛の成長も促進します。また寝ているときの成長ホルモンの分泌も向上するため健康的でしっかりとした髪の毛が生えてきます。

3 間違った頭皮ケア

肌に合っていないシャンプー剤を使ったり、トリートメントを地肌までつけてしまったりすると毛根がダメージするため髪の毛が痩せやすくなります。また、髪が細くなったことを気にして頻繁にパーマをかけたり、カラーリングをしたりすると頭皮への負担が大きくなってしまいます。

それが薄毛を発症させてしまいます。

改善策

間違った頭皮ケアはパーマやカラーリングの頻度を長めにしたり、トリートメントの正しいつけ方で改善します。
またシャンプー剤を地肌に合ったものに変えるだけでもかなり頭皮環境は改善されます。

まとめ

これらのように30代の若いときに発症する脱毛症を「若年性脱毛症」と呼びますがこれが進行していくとびまん性脱毛症や女性性男性型脱毛症に変化していきます。そうなる前に早めの育毛対策が必要になります。

育毛対策をしていくには女性用育毛剤の知識が必要です。自分に合った女性用育毛剤を選ぶ必要があります。

それについてはこちらの記事をご覧ください。

自分に合った女性用育毛剤の選び方とランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です