30代女性の薄毛の原因

通常、女性の抜け毛薄毛は産後か更年期以降に発症することが多く30代で薄毛を発症するにはちょっと早すぎです。

ですから30代で薄毛を発症した脱毛症のことを「若年性脱毛症」と呼びます。

抜け毛、薄毛は産後の脱毛症を除いて毛母細胞の老化現象で起きる症状です。しかし30代で老化は早すぎるため、主には肌代謝(ターンオーバー)やヘアサイクルが正常に機能していないことが考えられます。

このヘアサイクルや肌代謝が乱れることで、季節的にも年齢的にも、まだ髪が抜ける時期ではないにもかかわらず異常な抜け毛が発生し、薄毛になってしまいます。

その原因には様々な要因があります。ここでは特に30代の若い女性が発症しやすい薄毛(若年性脱毛症)の原因を上げてみたいと思います。

1 ストレス

ストレスは自律神経のバランスを崩してしまう大きな問題となります。自律神経は女性ホルモンの分泌や血行に深く関係し、これが乱れることで女性ホルモンの分泌減少、血行不良に陥ってしまいます。
女性の髪は女性ホルモンの一つエストロゲンの影響を強く受けます。また髪は血液から栄養素や酸素を吸収し育つため血行が悪くなるのも問題です。

2 ダイエット

30代に入ると20代のころよりも新陳代謝が悪くなり太りやすくなります。そのせいで無理なダイエットに挑戦する人が多く、それが原因で抜け毛、薄毛を発症してしまいます。日本人のダイエットのほとんどが食事制限などを用いたダイエットが主流ですから十分に栄養を補給できない体は、髪の毛に分配する栄養までは確保できなくなってしまい、髪が栄養不足となり抜け毛、薄毛を発症します。

3 ヘアケア

ヘアアレンジや過剰なカラーリングやパーマ、一日に2回以上のシャンプーを繰り返すことで髪の毛の表面にある皮膚組織にダメージを与えてしまいます。カラー剤やパーマ剤、安いシャンプー剤に含まれる洗浄成分が強力なほど抜け毛、薄毛の原因になります。

頭皮の表面近くにはバジル領域といって女性ホルモンであるエストロゲンが作用し細胞分裂をする毛母細胞が存在します。そのバジル領域がこれらの刺激によって破壊され抜け毛、薄毛の原因となります。

若年性脱毛症のリスク

これらの原因が30代女性の抜け毛、薄毛(若年性脱毛症)の大きな原因となるわけですが、それ以外にも近年では若年性更年期障害というものまで出てきています。更年期じゃないにも関わらず更年期障害に発症してしまう若い人が最近急増しているようです。

これも抜け毛、薄毛の原因となってしまいます。ですから、普段と違って髪の毛の抜け毛が激しかったり、地肌が透けて見えるようでしたら早めの育毛対策で髪の毛を守っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です