女性の使う育毛剤の正しい選び方

抜け毛や薄毛に悩む女性が年々増えていることもあり、女性用育毛剤の選び方が問われています。まず女性用育毛剤を選ぶ際に基準になることが価格、効果、肌への相性です。この3つは最低限女性用育毛剤を選ぶ際の基準といってもよいです。そこで当サイトでは正しい女性用育毛剤の選び方から厳選した女性用育毛剤のご紹介をしています。

女性用育毛剤を選ぶとき悩んでしまうこと

女性用育毛剤の種類が多すぎて迷う

43歳の女性です。最近髪のボリュームがなくなり地肌が少し透けて見えるようになりました。女性用育毛剤を検討しているのですが、種類が多すぎて何にしようか悩んでいます。

アドバイス

年齢的にも女性ホルモンの代用となる成分や血行促進成分が含まれた女性用育毛剤をオススメします。女性は40歳を過ぎると徐々に女性ホルモンの一つエストロゲンが低下していき、それと同時に血行も悪くなるのでこの2種類は必須だと思われます。あとは肌に合うか合わないかだけだと思います。

敏感肌です

子供のころから敏感肌で最近頭皮の乾燥や抜け毛に悩んでいます。もともと髪の毛も多い方ではないのですが抜け毛が季節関係なくあるので心配しています。今のうちから何か対策をしていた方が良いでしょうか?一応女性用育毛剤を考えていますがどれが良いのかわかりません。

アドバイス

敏感肌ということはあまり刺激性のないものを使ったほうが良いです。育毛剤の中には添加物や医薬品を使用しているものも多くそれらは敏感肌には向きません。ですから無添加な作りになっている女性用育毛剤でなおかつ細毛だということなので、血行促進作用や栄養補給作用、保湿作用のある成分が含まれた育毛剤をオススメします。

女性用リアップを使ったらかゆくなった

抜け毛がひどいので女性用リアップを使ってみたんですが、頭皮がかゆくなりとても継続できません。またニオイも苦手です。何か良い育毛剤はないでしょうか?できれば価格的にも続けていけそうなものが良いです。

アドバイス

リアップには医薬品指定されているミノキシジルが含まれているので、おそらくその作用が頭皮のかゆみの原因になっていると思われます。当サイトでオススメしている女性用育毛剤は全て無添加素材。なおかつリアップよりも良心的な価格なので継続して使っていきたい方にはオススメです。さらに90日間の返金保証のあるものも用意しています。

女性用育毛剤を選ぶ際の基準

1 価格

女性用育毛剤には1000円のものから5000円を超えるものまで豊富にあります。値段別にその効果や肌への刺激性を見ていきます。

1000円前後の育毛剤

効果・・・・頭皮のスカルプケア程度の効果で清涼感の強いものが多いです。根本的な育毛効果はないので、すっきり感や軽い気持ちのスカルプケア程度に使いたいという方に向いています。したがって具体的な育毛効果はありません。

2000円以上

おそらくこの価格帯が育毛剤の適正価格ではないでしょうか?医薬品のものから医薬部外品のものも多くあります。ただしドラックストアなどで販売されているものは宣伝費用にお金がかかっているため、内容成分が良いとは一概に言いけれません。そのためインターネット通販のほうが開発費に費用を使っているので効果も良いです。

5000円以上

ここまでくると育毛効果も当然良いのですが、サポートも充実しています。また5000円以上のものでもインターネットの購入で割引されており5000円以下で高い効果の育毛剤を購入することも可能です。

女性用育毛剤で効果を得たいのならば最低でも2000円以上の育毛剤を選びたいところです。内容成分の種類が豊富でも安すぎることで濃度が薄いものが多く、ほとんど水でできているような育毛剤も多数あります。ですから価格帯は2000円が最低ライン。また育毛剤は継続することが大切なので続けやすい価格の育毛剤や定期購入で割引が受けられるものを選んだほうが良いでしょう。

2 効果で選ぶ

育毛剤を選ぶ基準として効果は外せませんね。値段が安く育毛効果がないと意味ありませんし、高いのにほとんど内容が水でできているもの育毛をする意味が全くありません。そのため効果はしっかりと見極めたいところです。

主に見極める際の基準は女性の抜け毛・薄毛に合わせて作られているかどうかです。そのため次のような基準で選んでみると良いでしょう。

女性ホルモン代用成分

女性の薄毛は女性ホルモンのひとつエストロゲンの減少で発症してしまいます。エストロゲンは女性の毛根にあるバジル領域に作用し毛母細胞の活動を促進するため、ぜったに欠かせない成分です。この成分が含まれていることが育毛剤を選ぶときは必須です。

血行促進作用

ストレスやダイエット、加齢によって自律神経が乱れてしまい、血行が悪くなります。血液は髪の毛の栄養素や酸素を届ける重要なものですから、血行が悪くなることで抜け毛・薄毛を発症しやすくなります。

栄養補給

女性は薄毛になっても男性のように毛根が無くなるわけではないので、十分な栄養素を毛根に吸収させてあげることで髪の毛が再度成長してくれます。また細くなった髪も太くなりボリュームアップにつながります。

頭皮環境改善成分

炎症を起こした頭皮や敏感肌、乾燥肌、頭皮が固い女性の髪は細く痩せている場合が多いです。頭皮環境を整えてくれる抗炎症作用成分や保湿成分で頭皮の肌バリアを高め外部からの害を防ぎ髪が成長しやすい環境に整えます。

このように女性の薄毛は男性のものとは根本的に原因が違うため、女性用育毛剤を正しく選ぶことで改善に期待が持てます。

3 地肌に合ったものを選ぶ

いくら価格や効果が適正であっても地肌に悪影響のものを使うことで抜け毛・薄毛をさらに悪化させてしまう可能性があります。女性の肌の状態は季節や体調で変化しますのでできるだけ肌にやさしい無添加なものを選ぶ必要があります。

また、育毛剤のなかには医薬品してされた成分があり、効果は高いのですが副作用のリスクがあるものが多くあります。医薬品指定されているということは副作用のリスクと考えたほうが良いでしょう。そのため当サイトで医薬品指定された女性用育毛剤はご紹介していません。